BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 「思う」と「想う」の違いってなんだろう?

「思う」と「想う」の違いってなんだろう?

 

今日のコラム♪

 

『「思う」と「想う」の

違いってなんだろう?』

 

あなたは、文章を書くときに

「おもう」という言葉を

どちらの漢字を使うのか、

迷ったことはありませんか?

 

私は、

ときどき迷うときがあります。^^;

 

そこで、

この「思う」と「想う」の

ニュアンスの違いについて、

考察してみることにしました。

 

今日は、とても短くて、

軽~い内容ですので、

もしよかったら、

おつきあいくださいね!(^_-)

 

文章を書く際に、

「おもう」を使いたいときは、

普通は、「思う」という漢字を

使うことが多いのではないでしょうか。

 

実際の文章でも「想う」という漢字は、

あまり見かけないような気がします。

 

これは、

「思う」という漢字が、

常用漢字(※)になっていることにも

要因があるのかもしれません。

 

「想(そう)」と音読みするときは

常用漢字ですが、「想う」と使うときは、

常用漢字ではありません。

  

しかし、

「小説」や「歌詞」などでは「想う」

表記されているときがありますね。

 

では、

どういうシチュエーションの時に

「想う」を使うのでしょうか。

 

2つの「おもう」という漢字の

意味について、少し調べてみました。

 

私の持っている辞書で調べてみると、

ほぼ同じ扱いになっていました。

 

例文でも、

どちらでもよい的な・・・^^;

 

どうも納得がいきません。

 

そこで、

ネットでも調べてみると、

やはり多数のコメントがありましたね。

 

その中でも、

「感情の大きさの違い」

 

という内容のコメントを

いくつか見つけました。

 

つまり、

「想い」>「思い」

ということだそうです。

 

「思い出」というワードも、

時に「想い出」と書くことがありますが、

これも、対象に強い思い入れがある場合

「想い出」を使うのだそうです。

 

また、

このように定義している方もおられます。

 

「思い」=「考える」という

意味で広く一般的に使う。

 

「想い」=具体的な人や物を

思い浮かべる場合のみ使える

 

なるほど・・・

 

いろいろとネット情報を

調べてみましたが、

 

私の中では、

どれも「しっくり」「納得」とまでは

いかずじまい・・・

 

そこで、

自分なりに整理してみたところ、

私の中では、

それぞれの定義はこうなりました!

 

「思う」とは、頭で考えたこと。

自分自身との対話が中心。

自分はどう考えるのか伝える場合

などに使う。

 

例)

私は、◇◇について〇〇だと思う。

私は、〇〇したいと思います。

 

「想う」とは、心で感じたこと。

対象となる相手がいる。

対象となる事象がある。

「自分の気持ち」を伝えたいときに使う。

 

例)

あなたを想う気持ちは変わらない・・・

私のこの想いはとめられない・・・

 

この定義が、

(今のところ)しっくりくるように

私は思いますが、

いかがでしょうか?  ^^)

 

他にも、

「おもう」と読む漢字には、

「念う」や「憶う」といったものも

あるようです。

 

これまで、

一度も使ったことはありませんが・・・

日本語って、なかなか難しいですよね!(^_-)

 

さて、

あなたなら、

「思い」と「想い」をどのように

使い分けていきますか?(^_^)/

 

では、今日はここまで~♪

関連記事